きっと、うまくいく

“「きっと、うまくいく」は、友情や幸せな生き方や競争社会への風刺を描いたヒューマン・ストーリーです。
これは凄かったです。映画で泣くことが多いけど、泣きながら笑ったのは初めてだね。笑って泣いて感動した!
主人公のアミール・カーンは“ミスター・パーフェクト”と呼ばれるボリウッドの大スター。40歳を超えてますが、「きっと、うまくいく」では大学生を演じてます。この設定がボリウッドです。
インドも学歴社会なんですな。男子はエンジニア、女子なら医者が成功の証のようなもので親は自分の子供の成功に期待してます。
加熱するインドの教育問題に一石を投じる内容だけど、日本にも同じだよね。
勉強していい大学に入って、いい会社に就職すれば夢の老後が約束されるみたいな。
果たしてそれが真の幸せになるんでしょうかね。その答えの1つをこの映画は提示してくれるよ。
風刺の効いた学園コメディだけで終わらないのがこの映画の凄いところです。
学校を卒業して10年。行方不明になったランチョーを探すミステリーも! インド映画に欠かせないヒロインは本作にも登場するけど出番は少なめです。
けどねー。美女に赤ぶちメガネと鼻輪という反則スレスレのギミックが強烈な存在感を残すよ。ボリウッド最高です。
面白かったです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>