ニキビとの格闘

TO 男 20代 学生 混合肌

 

“私がニキビに悩まされたのは中学2年になってからでした。

それまではつるつるもちもちの肌でしたが、ぽつぽつとできはじめ次第に顔全体にできてしまいました。

胸にもできたりしていましたが、それは胸ニキビに効くジェルを塗ったりしたので、そこまで大きな問題にはなりませんでした。

当時ニキビができたことに対して恥ずかしさや、気持ち悪いという気持ちからニキビをつぶしたり、隠すために前髪をわざとのばしたりしていたのも、今考えると悪化してしまった原因だったと思います。特に悩まされたのは朝はとてつもない乾燥肌、昼頃からオイリーな肌になってしまうことで、どうしようもない状態だったと思います。

またそのころは一日に三度も洗顔をしていたので、肌が傷ついてしまったのかもしれません。私がこの肌と決別すると決めたのは、人と会話するとき顔を合わせることが辛くなってしまったからです。

自分の顔を見られたくないため、どうしても下を向いたり、そっぽを向いてしまうなど人として最悪だと気づいたのです。まず自分の肌の状態を認識するところから始めました。

ニキビを早く治す方法(http://nikibihayakunaosu.mobi/)を模索し続けました。

肌は赤みがかったぷつぷつ、いじっていたためより荒れてるとこもあった。朝一は肌がキレイなのに洗顔後20分くらいたつと乾燥すること、昼頃からオイリー肌になること、夜にジャンクフード(油っこい)ものを食べていたこと。これらの要素がでてきました。

まず朝一の洗顔はやめましたが、気持ちが悪いのでお湯をかけるだけ、乾燥対策に化粧水を持参、脂取り紙を持参、ジャンクフードを食べない、絶対にいじらない。これを徹底してやりました。最初一週間は効果が見られませんでしたが、徐々に乾燥もオイリーさもなくなったのです。

ニキビの赤いのも次第に消えていきました。

背中ニキビも油断はできません。

背中ニキビにはジュエルレインだと思っているので、もしもできた場合は迷うことなくジュエルレインを使用しようと思っています。

今は全くと言ったら嘘になりますが、ニキビは注意してみないとわからないレベルまでなくなったのです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>